湿気が透過する高気密の造りで → シックハウス解消
健康を保証する工法認定として
全国初・RLFC-0001 国土交通大臣認定を取得

もしも住まいが自然に呼吸できて、きれいな空気をいつも室内に採り入れることができたら...、そこに住む人は今よりもっと心地よく、健康に生活できるはずです。そんな発想から開発され、誕生したのが「通気断熱WB工法」の家です。

「通気断熱WB工法」は伝統ある在来木造建築に、独自の新技術を組み合わせ、日本の気候風土に最もふさわしい家づくりをめざした工法です。

WB(通気断熱)工法って何?

日本の木造建築は、四季の変化の激しい気候風土に順応し、いわば息をする木の恵みを巧みに生かしてきた、世界でも類い稀な優れた建築様式です。「通気断熱WB工法」は、独自の仕組み(特許第2980883号)により、「木材の呼吸」を「家自身の呼吸」へと進化させた画期的な家づくりです。

その基本的な仕組は、「2つの通気層を持つ構造」、「透湿性のある部屋壁」、「形状記憶合金」を用いた通気口の「自動開閉装置」という3つの働きにより、機械や電力などの力を借りずに、夏や冬の気温の変化に自然に反応し、家の中をいつも快適な温度・湿度に調節するというものです。

「夏はTシャツ、冬はセーター」
衣替えする形状記憶装置の家
呼吸する家 - WB(通気断熱)工法 呼吸する家で夏は涼しく快適に過ごす

暑い日には、各所の通気口が自動的に開き、自然な換気をします。 床下通気口から入り込んだ外気は、床下地面の冷気とともに第2通気層を上昇してハットヘルスから排出される冷却層をつくり、家全体に涼しさをもたらします。

呼吸する家で冬は保温効果の高い住まい

寒い日には、各所の通気口が自動的に閉じ、保温効果の高い住まいにします。第2通気層は保温層となり快適な暖かさを保ちながら、透湿性の部屋壁や木材とともに呼吸効果を発揮し続け、健康的な環境を維持します。冬場の大敵、結露も起きません。

なぜ?沖縄に通気断熱工法(WB工法)が必要なのか

私たちは、RC住宅建築が多い沖縄県で木造住宅建築に取り組んでいます。
沖縄の歴史文化の中で、地域性等いろいろ問題もありますが、これから住まい作りをより快適に過ごしていくうえで
私たちは実際に建築をされて、入居されたお施主様からの声を聞かせていただいております。

その中で、実際に生活してからの不満や不便さを聞いていくと一番多い内容が、やはり暑さの問題です。
沖縄の夏場の暑さは本当に体験してみると分かりますが、痛い程の真夏の直射日光や、室内外の温度差や多湿での不快を感じる事も多いです。
私たちは毎年定期訪問時に建物の点検を行い、どうすればより快適に暮らせるかをお客様から話を聞きながら改善に取り組んできました。

ただ、これまで数多く改善策にチャレンジしてきましたがいまひとつこれだと言う所までは改善されていません。

しかし、私がある住宅工務店活性化プロジェクトへ所属させていただくことになりました。
そこで、出逢った工務店の社長様からの家づくりにヒントを得て「呼吸する家」の導入を決めました。
これまで、いろいろ試行錯誤しながら快適な生活を送れるには?と悩んでいた事が全て解決出来ると確信しました。
建物の通気を自然に流す事で暑さだけではなく、家の健康、住む人の健康づくりまで出来ると言う事に繋がるのであれば私たちの考えている、安くていい家づくりに全てマッチしていくと思います。

それで、私は「呼吸する家」を沖縄だからこそ必要だと言う想いで導入させて頂きました。
これまで沢山のお施主様からの貴重なお話しを聞かせて頂き、実際の生活状態を見せてもらい本当に感謝しております。
これからも住まいづくりを快適にする事は変わらない事ですが、人と地球に優しい住む人の健康を考える、安くていい家づくりに励んで行きたいと願っております。

こらからも安くていい家づくりを考えている皆様のお役に立てられる事と、沖縄の皆様の笑顔作りに貢献出来ますように協力業者会「あすなろ会」の皆様と共に邁進していきます。