住宅ローンの返済は長期間にわたります。それだけに、万が一のときのことは人間であれば誰もが考えずにいられない問題ですね。
長期にわたって住宅ローンを借りる場合、団体信用生命保険に加入していればそれに基づいて支払われる保険金で債務を弁済してくれます。
団体信用生命保険は普通の生命保険とは異なります。返済の途中でご本人が死亡したり重い障害に陥ったりしたときにローンと同額の保険がおりて、残りのローン金額が全額返済される形になります。民間の融資をうける際にはこの保険への加入が絶対的な条件となっていて、保険料は金融機関が負担します。また公庫融資の場合は希望に応じてということになっていますが、加入するのが一般的です。

団体信用生命保険でいざというときも安心。