家の住み心地は、どのような動線をとるかによって大きく変わってきます。使い勝手の良さや広さだけではなく、視線の動線が大切だということも言うまでもありません(例えば玄関からトイレが見えると、あまり良い気持ちはしませんね)。
一般的には、家庭を預かる主婦のみなさんにとっては、水まわりを集中させることにより使いやすい間取りになります。間取りを決める際には、ご家族のみなさんがどんな生活パターンで動くのかをイメージしながら決めることが大切です。一番忙しい朝の時間帯は、どういうルートを通って身支度をととのえ、どういう順番で家事をこなしていきますか? 家族のみなさんで日頃の行動パターンをイメージしながら考えてみましょう。

日頃の行動パターンを考えながら間取りを考えて。