住み始めてみると、家族の歩く音、話し声、台所で作業をする音など、そういった日常的に発せられる音に対してなんとも気になることがあるといいます。これは最近の家がさまざまな面で高気密になっていることと関連しています。
高気密・高断熱の家は音が外部から入ってこないという特長がある反面、内部で発生した音も外に逃げにくい構造になっています。ですから、二階でドアを開け閉めする音や家族の話し声が聞こえやすくなり、一階では台所で作業をするチャカチャカという音が反響し、テレビの音が聞き取りづらくなるといったことなどが起きやすくなるのです。
これを解消する方法は、まず外部に面する断熱材を吸音性の優れたグラスウールにします。また天井に吸音材を使用する、カーテンを厚手のものに取り替えるといったことでもずいぶん解決できると思います。

高気密・高断熱の家は内部の音が外に逃げにくい。