「持ち家と賃貸、どちらにしようか...」。多かれ少なかれ、誰もが一度は考える大きな問題ですね。
賃貸は借り入れを伴わないため精神的に気楽ですが、「子どもが大きくなった時に部屋数が足りない」、「老後はどうしようか」といった不安を伴います。一方、家を建てる人にとっては、借り入れの際に無計画なまますすめてしまうことが最も危険です。
賃貸と持ち家のどちらが良いかは、人それぞれで考え方や暮らし方が違いますから、はっきりと断言することはできません。それぞれのメリット・デメリットを十分に理解したうえで検討する必要があるでしょう。
一番大事なことは、あなたが「一戸建て住宅に住みたいと思うか」、それとも「ずっと賃貸でいいと思うか」についてじっくり考えてみることかもしれません。ご夫婦で、ご家族のみなさんで、納得のいくまでとことん話し合ってみてください。

家づくりは人生設計をたてながら考えよう。