家を建てて土地と建物をワンセットで販売するものを建売住宅と言います。建売住宅のメリットは、あれこれと考える面倒がないという点と比較的に低価格であることです。また実際に実物をその目で確認できるほか、手続きがすめばすぐに入居できるので、家づくりに多くの時間をさくことができない人におすすめです。デメリットとして考えられるのは、間取りが決まっていることや手抜き工事かどうかのチェックができないために優良物件かどうかの判断が素人にはつきにくいことなどが挙げられます。
これに対して売建住宅は、契約後に着工する住宅のことを言います。売建住宅では住む人の家族構成や生活スタイル、予算に応じて自由に間取りを考えることができます。一からじっくりと計画を立てるのですから、完成した際の喜びは格別です。家づくりの醍醐味を存分に味わうことができるでしょう。

好みに合わせてプランを考えたいなら、売建住宅。