実際に工事をするのがどういう人なのかについて、みなさんギモンに思われるかもしれませんね。大手住宅会社のなかには工事を下請け工務店に丸投げしているところもあります。しかし、そうするとどうしても下請け工務店の利益が必要になり、その利益分のコストがお客さまの支払う工事費に加算されることになります。また下請け工務店から棟梁に支払われる賃金も少なくなり、結果として工事が雑になる可能性があります。
ローコスト住宅研究会ではそれぞれの工事を直接棟梁に発注します。これは余分なコストを削減するためと、どんなに材料がよくてもその材料を使い仕上げていく職人の技術が低ければ良い家はできないと考えるからです。
どんな人が工事をするのか心配な方のために職人紹介リストを用意しています。お気軽にお問い合わせください。

職人紹介リストを見せてもらおう。