家をつくるという作業は、厳しさをともなった非常にやりがいのある仕事です。職人のなかには頑固者で口数の少ない者や愛想のない者もいるかもしれません。でもそれぞれがその道の「プロ」として、あなたやあなたのご家族のために一生懸命に仕事をしています。
現場ではどんなに小さなことでも、不安な点やギモンに思うところがあれば遠慮なくおっしゃってください。またスゴイとお感じのところがあれば、その気持ちを職人に伝えてください。「遅くまで熱心にご苦労さまです」その一言だけでかまいません。自分の仕事が評価され、自分のつくったものが大切に扱われることを感じたとき、「この人のためにやってあげたい」と思うのは人間であれば誰でも当然のことです。きっと想像以上に良いものができあがるに違いありません。

建築現場では、気になることはどんどん質問を。