「こんなことを言ったら笑われそうだけど...」、「予算のことで相談するのは恥ずかしいな...」。打ち合わせのとき、お客さまが遠慮がちにこうおっしゃるのを耳にすることがあります。申し訳ありません。お客さまにとっての家づくりなのに、私どもに対してばかり気を遣っていただくのは、非常に残念なことです。
言うまでもないことですが、家づくりはみなさんのために行うものです。ところが営業マンに気を許していただけないばかりに、ご自分の家なのにわがままな家づくりのできない方がたくさんいらっしゃるのです。遠慮なんてなさらないでください。どうぞ、とことんわがままになってください。それがあなたにとっての最良の家づくりへの第一歩なのです。
(注)要望を聞いてイヤな顔をしたり、何でも「はい。はい。」と答えてばかりの営業マンには要注意です。

希望は残さず伝えて、わがままな家づくりを叶えよう。